岩坂 聡子 /Satoko IWASAKA

岩坂聡子は1989年生まれ、学生時代は政治思想を専攻した。修士課程在籍中に絵画を再開し、修了後本格的に制作活動に集中する。静物から政治的題材を扱った作品など、制作対象は多岐に渡る。なにかとなにかをずらしたとき、見つめたときのゆらぎが根本的な関心としてある。油彩を主に扱うが、パステル、クレパス、水彩、アクリルも用い、特にアクリルと油彩それぞれのテクスチャーを利用した作品を多く手がける。

1989年    東京都生まれ、在住
2012年 国際基督教大学卒業
2016年 一橋大学大学院修士課程修了

経歴
1989年    東京都生まれ、在住
2012年 国際基督教大学卒業
2016年 一橋大学大学院修士課程修了

個展
2020年 「Betweenness」(工房親/広尾)
2019年 「森森」(ART FOR THOUGHT/銀座)
2019年 「すぐろの」(高願寺/武蔵小杉)
2018年 「はじめのひ」(日本基督教団蒲田教会/蒲田)

グループ展
2021年 「見えるもの/見えないもの」(Gallery Face to Face/西荻窪)

受賞歴
2021年 世界絵画大賞入選(東京都美術館)
2019年 シェル美術賞入選(国立新美術館)

作品提供
「浄土真宗・唯」表紙イラスト
Iwasaka was born in 1989 and majored in political thought as a student. She resumed painting during a master's degree program, and after completing the program, she began to focus on her creative activities in earnest. Her works cover a wide range of subjects, from still life to political subjects.Her fundamental interest lies in the fluctuation of something when it is placed in a different place or when she gazed at it.   He mainly works with oil, but also uses pastel, crayon, watercolor, and acrylic, and especially works with the textures of both acrylic and oil.​​​​​​​

1989 Born in Tokyo, Japan
Lives and works in Tokyo.

EDUCATION
2016 Get a master’s degree in politics in Hitotsubashi University, Tokyo
2012 Graduate International Christian University, Tokyo

SOLO SHOW
2020 BETWEENNESS at Kobo CHIKA, Tokyo
2019 SHIN-SHIN at ART FOR THOUGHT, Tokyo
2019 SUGURONO at Koganji, Kanagawa
2018 HAZIMENOHI at Kamata Church, Tokyo

GROUP SHOW
2021 VISIBLE/INVISIBLE, GALLERY FACE TO FACE, Tokyo

Award
2021 Selected for the World Art Exhibition
2019 Selected for Shell Art Award

Artwork Provided
Cover illustration for "Jodo Shinshu, Yui “

Back to Top